2017-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昭和のヒットメーカー - 2007.08.04 Sat

8月1日、作詞家の阿久悠さんが亡くなりました。

今まで、いろんな作曲家や作詞家の方が亡くなったけど
すごく思い入れがあると言うほどではなかったので
そんなに衝撃を受けませんでした。
でも、阿久悠さんは別。
阿久悠さんの曲は、私の思い出の中にたくさんあります。
子供の頃夢中だった、ピンクレディー。
今でも大好きな沢田研二。
ピンクレディーやジュリーのヒット曲のほとんどが
阿久悠さんの作詞です。

その中でも得に好きなのが「時の過ぎゆくままに」。
何度も何度も繰り返し聴きたくなります。
本当に素敵な詞です。
今も繰り返し何度も何度も聴いてます。

時代は移り変わっていくのだなぁと
阿久悠さんの訃報を聞いて実感しました。

阿久悠さんのご冥福をお祈りいたします。
スポンサーサイト

● COMMENT ●

おはようございます。
俺も幼少の頃からどっぷりと彼の曲で育ってきたようなもんです。初めて買ったレコードは沢田研二の「勝手にしやがれ」ピンクレディーはコンサートに学校を早退して行ったし・・脳内に刻まれてますな。

子供の頃、あんな鬼瓦みたいな顔をした人がこんな詩を書くの?と驚いたものでした。
(顔で詩を書くわけじゃないのに。。。)

きっと今頃は向こうでコンサートのための歌詞作りをしていることでしょう。
ご冥福をお祈りします。

まだらやさんへ

そうそう、まさにどっぷりと浸かってましたよね。
彼の書いた曲とともに育ったって、本当にその通りですね。
歌謡界がとても元気だった時代のように思います。

Reeさんへ

確かに怖い顔してますよね~(^^;
スタ誕でも、いつも厳しいコメントだったし。
でも、本当に素敵な詞を書いてましたよね。

お名前はよく聞いていたけど…そのジャンルの広さにびっくりしました。私はどっぷり漬かり世代だと思うわ。

私も「時の過ぎゆくままに」好きだったなぁ。
あの頃の私たちには少し大人な歌で…少し冷めた感じがステキに映ったんだろうね。

今はあの歌の主人公より疲れちゃってる大人なのに…。
まだあの歌を聞いては大人の歌だと思うのは少し不思議。

ゆりさんへ

本当に幅広いジャンルに私も驚きました。
これも?この曲も?って驚いてばかり!
「時の過ぎゆくままに」のちょっと気だるい感じが
大人の雰囲気に感じたのかなぁ。
昔の大人は、今の私たちの精神年齢よりも高かったのかな。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://peliatan.blog10.fc2.com/tb.php/135-6f8ac307
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

レストラン マサイチ «  | BLOG TOP |  » レストラン マッセリア

プロフィール

くんちゃん

FC2カウンター

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


■ ブログ名:さっちゃんのおもちゃ箱

■ ブログ名:Chibiko & Conan

■ ブログ名:国境の問題とアジアドラマについて。いろんな内容を細々と。

■ ブログ名:Scribbling Notebook

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。